naco-doの年齢層について

「結婚相談所に入会したいけど、店舗まで足を運ぶのが面倒くさい」と感じる人も多くいると思います。
そんな方におすすめなのが、naco-do(ナコード)という結婚相談所です。

 

ナコードの比較

 

スマホ一台のみで登録ができるため、本人確認できるものを
準備すれば店舗まで行かなくて完了します。
それから料金は、月額6980から利用できるので、
初心者の人でも、軽い気持ちで登録が可能です。

 

naco-do(ナコード)に入会している方の年齢層は、
以下の内容を目安にしてください。

 

下記は、naco-do(ナコード)の公式サイトで統計が出てい
男女比・年齢層・大卒の割合になります。
ご覧のように、30代がおよそ2分の1で、20代〜40代で95%占めてます。

 

    ナコードの年齢層

     

  • 20代が27%
  • 30代が47%
  • 40代が21%
  • 50代が5%

 

 

男女比は約半々です。主に30代が多く、続いて20代が多く入会しているという状況です。
20〜30代の人が入会したら、高確率で同年代と出会えることが分かります。

 

それから、40代〜50代は若干ですが、入会されています。
naco-do(ナコード)の結婚相談所は、男女含めて12万人も入会者がいるため、
男性、約6万人+女性、約6万人ということなんです。
結婚相談所naco-do(ナコード)は、男女6万人から素晴らしい相手と出会えるシステムです。

 

naco-do(ナコード)の年齢層は、20〜40代が中心ですが、
50代以上の人も数少ないですが入会しています。

 

幅広い年齢層の方が利用しているため、
20歳になっていたらどなたでも気軽に入会できる結婚相談所です。

 

安全性にも優れている婚活サイトですので、
興味がある人はぜひ入会して素晴らしい出会いを探してみてはどうですか。

 

ナコードの比較

 

naco-do(ナコード)の男女比

 

naco-do(ナコード)の年齢層

 

 

男女比率はほぼ半々です。
30代を中心に、20代から40代が多く、50代も少数なんですが、参加されています。

 

 

 

naco-do(ナコード)の年齢層のまとめ

 

naco-do(ナコード)の年齢層をまとめると、次のようになります。

 

  • 今現在、naco-do(ナコード)に入会しているのは、男女ともに30代をメインに、20代〜40代が多い
  • 多くはないけど、50代の利用者も一定数参加している
  • 出会えるボリュームゾーンについては、男性が30代〜50代、女性は20代〜40代がメイン

 

3つの結婚相談所連盟が1つ1つ運営している会員の「紹介検索サイト」で、
マッチングの相手を探していきますため、ワイドな年齢層から選択することが可能です。
自分の希望する年齢層の方が、見つけやすいため、浮いてしまう不安はないです。

 

ナコードの比較

 

naco-do(ナコード)に入会して、運命の人に出会おう!

 

naco-do(ナコード)で、望む年齢層のメンバーとの出会いがあるか、
試してみたらいいと思います。
naco-do(ナコード)は入会金0円・初期0円で、
9,800円/月々〜のリーズナブル価格でスタートできるので、
気軽に試すことができるのがメリットです。

 

6ヵ月プランを活用したら、月々6,980円(税込)〜です。

 

月々の習いごとぐらいの料金で、運命の結婚相手と出会えるなら、
費用対効果は高いと言えます。

 

naco-co(ナコード)のようなオンライン結婚相談所は、
今注目の新サービスなんです。
今まで、敷居の高さ・月会費の高さから、
結婚相談所を利用できなかった方でも入会しやすく、
マッチングアプリ・婚活サイトから乗り換える方も急激に増加中です。

 

対面が不安な方でも、停滞することなくサービスを活用できて、
コロナの100%収束を待つ前に、遅れることなく活動スタートできますよ。

 

 

「運命の人と出会えなかったら嫌だな」という方でも、
naco-do(ナコード)には全額返金制度があるので、ご安心下さい。

 

全額返金制度というのは、3ヵ月以内にお見合いが成立しないと、
それまでの月会費が返金される制度になります。

 

全額返金制度が適用されるためには条件がありますけど、
真面目に活動していたら、サッパリとクリアできる条件だと言えます。

 

naco-do(ナコード)では1年以内に、3人にひとりが成婚退会しています。

 

人生でいちばん若い今が、素晴らしい出会いをつかみやすい最大のチャンスです。
悩んで何もしないより、運命の出会いのための行動を積み重ねていけば、
希望するパートナーが見つかる未来に近づけますよ。

 

「あの時、行動していれば、もっといとも簡単に結婚相手探しが
できたかも」と悔やむことのないためにも、
naco-do(ナコード)で、幸せな結婚へのきっかけを踏み出しましょう。

 

ナコードの比較

 

 

 

 

ナコード以外の結構相談所の年齢層

 

他社の結婚相談所と比較してみて下さい。原則的に結婚相談所の場合、
女性の年齢層の割合は、30代以上が多くなっています。
男性もマッチングアプリユーザーと比べて、真剣度がさらにアップするので、
年齢層は上がり、20代男性の結婚相談所登録は、10%以下だそうです。

 

エン婚活エージェント

 

エン転職で著名な会社の結婚相談所のエン婚活は、
男性は30代〜40代前半、女性は20代後半〜30代の利用者が多いそうです。

 

ツヴァイ

 

ツヴァイは、1984年創業の老舗の結婚相談所です。
全国50箇所に店舗がある大きな結婚相談所です。
これについては、男女別に詳しく会員割合が出たので、
細かく見ていきたいと思います。

 

男性
  • 20代:5%
  • 30代:28%
  • 40〜45歳:34%
  • 46才以上:33%

 

女性
  • 20代:12%
  • 30代:46%
  • 40〜45歳:27%
  • 46才以上:15%

 

やはり男性の方が、ちょっと年齢層が高くなっていますが、
女性は30代が最も多い領域のようです。

 

 

naco-do が加入している団体の年齢層

 

ナコード等、結婚相談所では自社のみでメンバーを集める
と会員数が少なくなっていまい、紹介の幅が狭くなってしまうため、
団体に所属している事が多いです。

 

ナコードも一緒で、全ての年代の人に満足してもらうために、
それぞれの年代や特色を揃えた団体に所属しています。

 

 

Kマリアージュの年齢層

 

基本的な料金で、利用できるKマリアージュは、
年齢は非公表となっているため、細々としたことは分かりませんが、
入会資格については「男性・女性共に、20歳以上50歳以下で、
その上独身であること」なので、その年齢層のメンバーがいることが分かっています。

 

 

JBAの年齢層

 

JBAはナコードでオプション料金を支払うことで、
検索可能になる団体ですが、こちらも会員のデータを公表していません。

 

しかしナコードのトップページでは、30〜50代に特化した
歴史のある団体と公表されているため、その位の年齢層が多いみたいです。

 

ナコードの比較

 

R-netの年齢層

 

R-net(良縁ネット)もナコードでオプション料金を支払うことによって、
全国の仲人さんをつなげる連盟ですが、こちらは年齢層が公式公式サイトに記載されてあって、
30、40代が多く中年層に向いている連盟となっています。

 

男女比は男性47パーセント女性53パーセントで、バランスが良いので、
こちらも余裕があったらオプション加入してみて下さい。

 

 

年齢層から見るナコードが向いている人

 

ここまでナコードの年齢層に関して、他社との比較や、会員データを
ご紹介してきましたが、どういった人がナコードにピッタリ合うのかを
見ていきたいと思います。

 

 

30代の男女

 

データを見てもらうことからもわかるように、30代の登録者数の割合が
多いのでお勧めできます。今までの結婚相談所とは異なり、
オンラインのため割合若い人が加入中のようです。
20代でももちろん割合としては、少なくないので参加は検討の余地がありそうです。

 

 

真剣に結婚を考えている方

 

完全にオンラインとは言え、結婚相談所です。マッチングアプリじゃありませんから、
真面目に結婚相手探しを考えている方が向いていると言えるでしょう。

 

年齢層的にも結婚したい年齢層が高めの会員も大半なので、
本気で結婚を考えている人には良いと思います。

 

 

30代、40代と出会いたい方

 

30代と40代と出会いたい方にもおすすめです。
やはりマッチングアプリですと若い年齢の人が多く利用しますが、
結婚相談所ですので30代〜40代の方にも出会いやすいです。
真剣な出会いを希望している年上好きの方には良いと思います。

 

ナコードに入会しても会えないってホント?

 

 

ナコードの比較

 

 

naco-do(ナコード)の年齢層